ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近隣家を10年毎朝どなり逮捕
隣人トラブルは10年たたないと逮捕出来ないの?

まあ、なるべくなら波風立てたくなくて被害届もなかなか出せないよね。

でも、10年も毎日怒鳴り続ける根性って、理解出来ない。




 向かいに住む夫妻をどなり続けて名誉を傷付けたとして、茨城県警土浦署は26日、土浦市内の主婦、神保昭子容疑者(65)を名誉棄損の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、08年8月から今年1月ごろにかけて、夫妻に「本当の悪。うそをついて裁判まで起こした。恥を知れ」などと数回どなり、名誉を傷つけたとしている。同署は、神保容疑者が「言ったことは間違いないが、間違ったことはやっていない」と供述していることを明らかにした。

 同署によると、10年前、夫妻が玄関先に置いてあった落ち葉の入ったゴミ袋について、神保容疑者に「あなたがやったのか」と尋ねたのがきっかけで、神保容疑者が毎朝、家の前の路上に立ち、夫妻が家の雨戸を開けると20分前後どなり続けたという。

 夫妻は08年1月、水戸地裁土浦支部に、どなる行為の中止を求めた民事訴訟を起こし、翌月和解が成立した。しかし、その後も嫌がらせが続いたため、土浦署に被害届を出した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090227-00000049-mai-soci



ニンテンドーDSiの全て
スポンサーサイト

ホステス襲うひったくり急増
>人通りの少ない時間帯に外出する▽多額の現金を持っている▽酔っぱらっていたり、高いヒールの靴を履いており、抵抗されにくい-などの理由からホステスらはターゲットになりやすいという。

悪いこと考える人は、頭が良いのか悪いのか・・・

その体力と頭を、真っ当に稼ぐことに使えばいいのにね。

隙を見せた方が負けということか。

気をつけないと。




 ■タクシー代節約 近くに住んだのが災い

 大阪・ミナミの繁華街周辺で、不況の色が濃くなった昨年秋以降、ホステスや飲食店従業員の女性らを狙ったひったくり被害が相次いでいる。人通りの少ない深夜や早朝に比較的多額の現金を持ち歩いていることなどが“狙い撃ち”の理由とみられる。不景気に伴い勤務地の近くに住むホステスが増えていることも被害急増の背景にあり、府警では注意を呼びかけている。

 南署によると、昨年の同署管内でのひったくりは、府内最多の194件。うち約3割に当たる64件について、ホステスや飲食店従業員らが被害者だった。ひったくりの場合、被害者が職業を隠すケースが少なくないといい、同署ではさらに多くのホステスらが被害に遭っているとみている。

 犯行時間帯は午前1時から6時までの5時間が全体の6割を占め、繁華街に隣接し、ワンルームマンションの多い大阪市中央区島之内での発生が4分の1近くに上っている。

 とりわけ、被害は昨年10月以降に多発。11月4日夜から翌5日早朝にかけては、4件連続発生し、被害者はいずれも22~35歳のホステスやラウンジ店員の女性だった。中には現金12万円入りの財布をひったくられたケースもあった。

 府警によると、人通りの少ない時間帯に外出する▽多額の現金を持っている▽酔っぱらっていたり、高いヒールの靴を履いており、抵抗されにくい-などの理由からホステスらはターゲットになりやすいという。

 今年に入っても、すでに同区島之内で11件のひったくりが発生。被害者の大半が水商売関係者という。同区宗右衛門町の飲食店案内所の男性店員(21)は、「ホステスは終電後に仕事が終わることが多い。景気の良かったときは遠くに住んでいても、店やひいきのお客さんらにタクシーで送ってもらっていたが、店が従業員寮として借り上げた近くのマンションに住む人が増えている」と指摘する。

 南署では昨年から注意を喚起するビラを配ったり、巡回の警察官を増やすなど警戒を強化。イヤホンで音楽を聴いたり、携帯電話の使用中に被害に遭うケースも多いといい、「帰宅中はなるだけ注意をそらさないように」と呼びかけている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090225-00000142-san-soci



ニンテンドーDSiの全て

大阪で「ありがとう」強盗2件
強盗にありがとうって言われてもねぇ。

家の近くでも、外食チェーン店に強盗が入って100万くらい取られたそうです。

犯人はまだ捕まらず。

学校から不審者に注意するよう通達があったけど、ホント物騒。

不景気だからこういうのが増えるのかな?




 23日午前1時半ごろ、大阪市西成区太子のコンビニ「ファミリーマート山王店」に男が押し入り、カウンターにいた男性店員(22)にはさみを突きつけて「金を出せ」と脅した。男は男性店員にレジから出した現金約5万5000円を店のポリ袋に入れさせて奪い、「ありがとう」と言い残して逃走した。

 店には店員2人と客1人がいたがけがはなかった。西成署は強盗容疑で捜査している。

 付近では22日午後6時ごろ、同店から約500メートル離れたコンビニで、男が現金約8万5000円を奪う強盗事件が発生。その際も男は「ありがとう」と言い残すなど手口が似ており、同署は同一犯の可能性が高いとみて調べている。

 同署の調べによると、いずれも男は身長約165センチ。黒いジャンパーに白っぽいズボンをはいていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000532-san-soci



ニンテンドーDSiの全て

「日本人はなぜ、捕鯨にこだわるか?」―中国紙が紹介
半分までは「その通り」って思ったんだけどなぁ。

他国の食文化にまで口出しするのは、本当に良くない。

>若い世代の多くは鯨肉が好きというわけではないとの現状

これは、鯨肉を口にする機会が減ったことが原因。

高級品になってしまった鯨肉を食べたことがないのに好きになれる訳がない。

>欧米人は自分たちと異なる考えを完全に拒絶する

欧米人って言うか、キリスト教などの一神教を信仰する人に多い気がするけど、どうなんだろう?




 中国青年報はこのほど、「日本人はなぜ、是が非でも鯨を食べるのか」との記事を発表した。捕鯨が日本の伝統文化であると紹介した上で、政治的要因や歴史問題にも触れた。

 記事は、おおむね中国社会科学院日本研究所の趙剛助理研究員への取材をもとに構成。趙氏はまず、鯨肉が江戸時代以前から、日本人に愛されつづけた食品だったと紹介。大宴会や行事などのごちそうでもあり、小さな木の舟で捕鯨を行っていた近代以前には、鯨捕りの若者は女性があこがれる「英雄」でもあったなど、日本人にとって鯨は単なる日常食品ではなかったとの見方を示した。

 趙氏はさらに、第二次世界大戦前後の困難な時代、鯨肉は日本の食料危機を大幅に緩和し、やせこけていた日本人に貴重な動物性たんぱく質を提供したと紹介。捕鯨はその長い歴史により、日本の文化として定着したなど、捕鯨と伝統文化に関する日本側の主張に理解を示した。

 記事によると、日本捕鯨協会が2006年に発表したアンケート結果では、回答しなかった10%を除き、60%が鯨肉と日本文化の密接な関係を認め、捕鯨は存続させるべきと回答したと紹介。ただし、若い世代の多くは鯨肉が好きというわけではないとの現状にも触れた。

 趙氏は日本人の捕鯨に対するこだわりには、欧米に対する潜在的な対抗意識も存在すると分析。日本の捕鯨関係者が米国メディアのインタビューに答えて、「捕鯨反対には民族差別の感情が存在する。欧米人は自分たちと異なる考えを完全に拒絶する」などと述べたと紹介した。

 また、政権党である自民党は農漁民を支持基盤にしているため、捕鯨に対して厳しい姿勢をとることができないとの考えも示した。

 趙氏はさらに、欧米への対抗意識については、「(第二次世界大戦終了までの)侵略行為を認めたくない心理が背景にある」と主張。

 米メディアの記事を引用し、「戦前は、日本も欧米も同じ(帝国主義)クラブの一員だったのに、(米国人は)第二次世界大戦のことになると、『あなたたち、日本が引き起こしたものだ』と言う」との、日本の捕鯨関係者の発言を取り上げ、「日本の右翼は第二次世界大戦を、日本がアジアの人民を解放し、アジアを指導して欧米に対抗する『正義の挙』とみなしている」と述べた。(編集担当:如月隼人)
(2009/02/04)
(2009/01/29)
(2005/06/14)
- サーチナWikipedia記事検索
- サーチナトピックス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090222-00000016-scn-cn



ニンテンドーDSiの全て

トヨタ労組 4000円賃上げ要求
この状況でベースアップ要求ですか?

結構なご身分で・・・




 トヨタ自動車や日産自動車など自動車大手の労働組合が18日、賃上げなどを求める要求書を経営側に提出し、主要産業の労使交渉がスタートした。春闘のリード役であるトヨタ労組は昨年実績を上回る組合員1人あたり4000円の賃金改善(実質的なベースアップ)を要求。自動車総連傘下の他労組も軒並み同水準の要求となった。一方、経営側は「100年に1度」の不況の中で「ベアゼロもありうる」(大手幹部)と対決姿勢を強めており、かつてない熾烈な交渉となることは必至の情勢だ。

 トヨタ労組の賃上げ要求は4年連続。物価上昇などを背景に「組合員が元気になるきっかけを作る」(鶴岡光行委員長)として、昨年の妥結額1000円を大幅に上回る要求に踏み切った。一方、年間一時金は過去最高水準だった昨年実績の253万円から50万円超減額した「基準内賃金の5カ月分プラス20万円」を求める。だが、経営側は「業界トップクラスの賃金を引き上げることは到底困難」(木下光男副社長)としてベアゼロや賃下げも辞さない構えを示した。

 このほか、日産労組が1人あたり1万円の賃金改定原資を求め、本田技研労組も4000円の賃上げを要求した。一方、三菱自動車労組が今春闘でもベア要求を見送った。自動車各社の急激な業績悪化は、今後の労使交渉に大きな影響を与えそうだ。

 19日以降は日立製作所、パナソニックなど電機連合傘下の主要組合も要求書を提出し、3月18日の集中回答日に向けた労使交渉が本格化する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000530-san-ind



ニンテンドーDSiの全て

セレブ演出 元力士が結婚詐欺
先に結婚があると思ってしまったら、今お金を貸したとしても結局は同じ家庭のお金なんだから・・・と思ってしまうんでしょうね。

独身時代のお金は自分のものだという認識が必要。

たとえ結婚したとしても旦那のお金にはならないんだから。




 1級建築士をかたり、結婚を約束した女性から現金730万円をだまし取ったとして、警視庁高輪署が詐欺の疑いで、元力士の男を逮捕していたことが10日、分かった。同署によると、男は高級マンションに住み、デートでリムジンを借りるなど「セレブ」を演出していたといい、「間違いありません」と容疑を認めている。同署は他にも3~4人に対し、同様の結婚詐欺を行っていたとみて捜査している。

 逮捕されたのは、無職で元春日野部屋力士の秋本久雄容疑者(43)=東京都港区白金。

 同署の調べによると、秋本容疑者は昨年9月、港区の女性会社員(41)に対し、職業を「1級建築士」と偽り、「結婚しよう。早く一緒に住みたい」と結婚を約束。その上で「ホテルの改築工事を請け負うために支払う金が必要」などとうそをつき、女性から現金約570万円を詐取。10月には「近く金が入る。それまでつなぎの金が必要だ」として、自分の口座に約160万円を振り込ませ、だまし取った疑いが持たれている。

 同署によると、秋本容疑者は女性と昨年5月ごろにインターネットの結婚相談サイトを通じて知り合い、携帯メールなどのやり取りを重ねて親しくなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090211-00000524-san-soci


女相場師の夫 帳簿類と姿消す
パソコンや帳簿が出てきたとしても、お金が戻ってくることはほとんど無いんでしょうね。

出資した人は気の毒としかいいようがないけど、ちょっと運の良い儲かっている素人にお金を預けるのは本当に危険。

株なんて元本保証の確証なんて無いんだから。

するなら、自分で自己責任でしなくちゃね。

同じ損したとしても、傷の深さが違うと思うよ。




 大阪府泉佐野市の「女性トレーダー」が元本保証をうたって多額の資金を集めていた出資法違反事件で、岩田矩子(ともこ)容疑者(54)(逮捕)が府警泉佐野署の調べに対し、「株取引に使ったパソコンや帳簿類は、夫が持っている」と供述していることがわかった。

 岩田容疑者が出頭する際、同行を求めると、夫(59)は「とことん逃げる」と話したといい、所在不明のままになっている。夫は、出資を募る目的で設立された有限責任事業組合のメンバーで、帳簿管理を担当していたとみられ、同署は夫からも任意で事情を聞く方針。

 捜査関係者によると、岩田容疑者宅の捜索で、パソコンが見つからなかったことについて、岩田容疑者は逮捕当初、「お金を作るために売った」と供述。集めた金の流れを示す書類も一切見あたらず追及したところ、「行方をくらます時、パソコンと銀行通帳、帳簿類などを持ち出した」と話したという。

 先月26日に失跡後、名古屋方面に潜んでいたという岩田容疑者は6日朝、出頭することを決め、弁護士を通じて同署に連絡。岩田容疑者の供述によると、その際、夫にも一緒に行くよう勧めたが、夫は拒み、パソコンや帳簿類を預かったまま姿を消したという。

 出資者らによると、岩田容疑者は約10年前から、株取引への出資を募り、約200人から総額15億円を集めたとされている。自宅敷地内の事務所にはパソコンを並べ、岩田容疑者がインターネットで取引を行い、資金を運用。2007年5月には岩田容疑者と夫らが組合員となり、「アクア有限責任事業組合」を設立、資金集めを本格化させていた。

 事務所で取引に使っていたパソコンは7~8台あり、夫に預けたのは、その一部とみられる。同署は、取引経緯が記録された重要な証拠とみてパソコンや関係書類の所在を追及するとともに、資金集めや運用の実態を、夫も把握していたとみて、潜伏先の割り出しを急いでいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090208-00000005-yom-soci


パナソニック 1万5000人削減
派遣が切り終わると、次は正社員ですね・・・

それにしても、1年前半年前の好調さは何だったのか。




 パナソニックは4日、デジタル家電の世界的な販売不振などを受けて、2010年3月末までに国内13か所、海外14か所の製造拠点を閉鎖し、正社員を含む1万5000人を削減すると発表した。

 これによって、配置転換や人件費削減を含めた電機大手9社の人員削減規模は、6万6000人を超えた。

 パナソニックの計画によると、人員削減は国内と海外がほぼ半分ずつとなる。正社員の削減数や具体的な閉鎖拠点は明らかにしていない。同社の生産拠点は国内外で230か所、正社員は30万人。

 建設中の工場の稼働時期も延期する。兵庫県尼崎市のプラズマディスプレーパネル工場は当初予定の09年5月から10年1月へ、同県姫路市の液晶パネル工場は10年1月から7月へ、それぞれ先送りする。

 パナソニックは同日、09年3月期連結決算の業績予想も下方修正し、税引き後利益が昨年11月時点の300億円の黒字から、3800億円の赤字に転落すると発表した。売上高は7500億円少ない7兆7500億円、本業のもうけを示す営業利益は、2800億円減の600億円となった。

 電機大手9社の09年3月期決算は、パナソニックを含む7社が税引き後赤字に転落する見通しだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090204-00000054-yom-bus_all


ママも安心 携帯の絵本動画
イヤイヤ、今携帯を持たすことについての議論が出てるんだから、絵本を配信すればいいってもんじゃないでしょう。

>子供は音に敏感でお気に入りは集中して見入る

これって、ゲームやアニメと同じ論理でしょ?





 NHKが落語アニメを放送後に携帯動画サイトに配信し、コロムビアミュージックエンタテインメントも絵本動画の配信を始めた。有害サイトが問題となる中で、母親らから「安心して見せられる」と人気が高まっている。(三宅陽子)

 ■古典落語を丸暗記

 NHK教育テレビは3年前から「えほん寄席」と題し、絵本作家などが絵にした古典落語をアニメ化。漫画家の松本零士さんが描き、落語家の春風亭柳橋さんが声を担当した「代脈」など、計60本を放送してきた。2日からは新作10本も放送する。1本5分ほどで、視聴者から「3歳の子が(市販化DVDを見て)作品を丸暗記し、小学校に上がるころには自分で本が読めるようになった」などの反響が寄せられている。

 そこでNHKエデュケーショナルが昨年12月から、ドコモとソフトバンク向け携帯動画サイト「エッグタウン」で、放送した作品を月替わりで5本ずつ配信(月額525円)。会員数はまだ少ないが、1年後にはサイト全体で3万人の獲得をめざすという。

 コロムビアミュージックエンタテインメントも昨年12月、ドコモ向けサイト「絵本アニメ屋さん」を開設。「うずらちゃんのかくれんぼ」「だいじょうぶだいじょうぶ」といった文部科学省認定ビデオなど、約100本(1本5~8分)の動画を配信している。

 ■会員数は「出だし好調」

 ともに動画対応端末でパケット定額サービス利用者に限られるが、評判は口コミで広がり、開始1カ月の会員は約300件と「出だしは好調」(同社デジタル事業部)。今後は「ノンタン」シリーズなど人気コンテンツも加え充実を図る。

 2歳児の母で自らも愛用者という同社経営企画部の井澤知子さん(41)は「外出先や朝の忙しい時間など、子供が飽きて泣くタイミングに見せるのに便利。子供は音に敏感でお気に入りは集中して見入る」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090202-00000059-san-soci


外食、福祉業界は人手不足
製造業で首切りされた人たちが、外食や福祉産業に就職するかというと、「たぶん」しない、というかしたくないんだろう。

製造業でラインの仕事してたら、他人とのコミュニケーションは最低限でも何とかなるもんね。

でも、外食や福祉じゃあそうはいかない。

求人にどこまで年齢制限とかあるのかは分からないけど。




 ◇異業種の参加少なく--ヘルパー募集、大阪で説明会

 不況で職を失った人に仕事をアピールする動きが活発化している。3月までに失業する非正規労働者は全国で約12万5000人。こうした人材を取り込もうと、さまざまな業界が説明会などを開く。「何とか雇って」と大勢が訪れる業界がある一方、期待したほど人材が集まらない業種もあり、今後は、求人・求職のミスマッチをどう乗り越えるかが課題になりそうだ。

 失業者らを最大500人正社員として採用する外食チェーン「モンテローザ」(東京都)は31日、大阪市内で採用説明会と面接を行い、約30人が参加。半導体関連工場で働く京都府の男性派遣社員(38)は2月半ばで契約が解除される。「飲食業は正反対の仕事だが、職場を選んでいる場合ではない」。大阪市の女性(26)は広告デザイン会社の業績が悪化し、6カ月の試用期間中だった昨年11月に失職。「正社員として働きたい」と真剣な表情だった。

 居酒屋「白木屋」などを全国で1470店展開する同社は、すでに500人のうち250人の採用を決定。「有能な人材を確保できる機会」としている。

 この日は、障害者ヘルパーを募集する「福祉・介助者ポジティブキャンペーン2009」も大阪市浪速区で開かれた。150人が訪れたが、介護専門学校の生徒や福祉関係者が多く、異業種からの参加は少なかった。

 福祉業界は人手不足に悩むが、人材難は今も変わりない。イベントに求人側として参加した東大阪市の社会福祉法人「インクルーシヴライフ協会」の在宅支援の責任者、長谷川祐子さん(30)は老人施設からの転職を目指す50代男性など2件の相談を受けただけだった。「障害者支援はまとまった時間働くことが可能。若い人にも来てほしい」と語った。

 大阪府は3月3日、主に未経験者を対象とした「福祉関連企業合同説明会」を大阪市中央区で開くが、参加希望の企業が殺到しているという。府の担当者は「事業者に『未経験者を優先して採用してほしい』と言うと『きっちり育てます』という言葉が返ってきた」とミスマッチ解消に期待を寄せた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090201-00000015-maiall-bus_all

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。