ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家の氷室冴子さんが死去
1993年に、当時のスタジオジブリの若手スタッフで作り上げた「海がきこえる」。

この作品でジブリ好きな子供も原作者である氷室冴子さんの事を知ったでしょうね。

そして氷室さんの小説を読むようになって、「さようならアルルカン」あたりを読んだものなら、自分の期待していた世界観との違いに衝撃を受けながらも、より一層氷室冴子さんの事が
好きになったことでしょう。


私も同じ口ですから、気にしない。


少女小説という分野の第一線者という認識をされがちですが、個人的には、彼女のもつファンタジー感覚は、多くの男性陣にも読んで欲しいものですね。


さて、そんな氷室さんですが、6日、肺がんの為、51歳で亡くなられたそうです。

ファンのひとりだったのに、肺がんを患っていた事実も知らず、ごめんなさい。


ただただ、ご冥福をお祈りいたします。


 氷室冴子さん51歳(ひむろ・さえこ<本名・碓井小恵子=うすい・さえこ>作家)6日、肺がんのため死去した。葬儀は10日午前9時半、東京都新宿区早稲田町77の龍善寺。喪主は姉木根利恵子(きね・りえこ)さん。

 北海道岩見沢市出身。大学在学中の77年、「さようならアルルカン」で小説ジュニア青春小説新人賞の佳作に入選してデビュー。平安時代が舞台の「なんて素敵にジャパネスク」シリーズが大ヒットし、80年代から90年代にかけて田中雅美さんらと集英社コバルト文庫で「コバルト四天王」と呼ばれ、少女小説を代表する一人として活躍した。他に「ざ・ちぇんじ!」「クララ白書」など。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080606-00000075-mai-soci


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。