ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画「犬夜叉」12年で最終回
犬夜叉の連載が終了します。

改めて言う必要もないのですが、「うる星やつら」「らんま1/2」などの長期ヒット作を連発し続ける高橋留美子さんの最長連載作品です。

12年あれば、小学生も成人になりますし、その間連載を続けるというのは並大抵の事ではないです。


ただ個人的には、犬夜叉の連載終了の事実よりも週刊サンデーの発行部数の減少の方が気になります。

看板作家の作品は軒並みヒットしますが、肝心の週刊サンデー本体は、年々発行部数が減少。

全盛期に200万部を超えていた(はず)なのに、昨年は100万部を切っています。

金色のガッシュ!!の件もありましたし、漫画家が連載するにあたって優遇しない漫画誌のような印象を受けます。

高橋先生の次回作が、またサンデーで連載されれば、まだまだ小学館もやる気なんだと分かりますが、なんだか、もう無いような気がするんですよね。


これであだち充先生も離れていったら・・・。




 高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」が、18日発売の「週刊少年サンデー」(小学館)の29号で最終回を迎えることが明らかになった。約12年、558話に渡って連載された同誌の看板作品がついに大団円を迎える。

 「犬夜叉」は、「うる星やつら」「めぞん一刻」などのヒット作を持つ高橋さんが、96年11月に連載を開始した和風ファンタジーマンガ。神社の娘で中学生の日暮かごめが、ひょんなことから戦国時代にタイムスリップし、人と妖怪の間に生まれた「半妖」の犬夜叉と知り合って心を通わせながら、願いをすべてかなえるといわれる「四魂の玉」のかけらをめぐり、悪の妖怪、奈落らと戦うというストーリー。

 単行本は53巻現在で累計4300万部を発行しており、高橋さんの作品としては最長の連載となった。アニメ化もされたほか、元光GENJIの佐藤アツヒロさん主演で舞台公演も行われた。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。