ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水さん 死の直前まで母介護
介護は家族がするもの、という呪縛から逃れたいものです。

とはいえ、他人にお願いするとお金がかかるのも事実。

ご冥福をお祈りいたします。




 父親が眠る静岡県小山町の富士霊園で20日に死亡していた元タレントの清水由貴子さん(享年49)が死の直前まで献身的に母親を介護していたことが22日、分かった。ポリ袋や洗面器、洗剤など硫化水素自殺のための道具を用意し、パートタイマーを務めていた会社も「辞める」と妹に話すなど、計画的自殺だったことが明らかになる一方で、霊園に向かうタクシーを待機するよう依頼するなど、最後に自殺を思いとどまった形跡もあった。この日、長年マネジャーを務めた富士原光男氏(57)が同町内で会見。無念の思いを語った。

  ◇  ◇

 8歳の時に他界した大好きな父。その墓石の前で冷たくなっているのを発見されてから一夜明けた22日、清水さんの死の直前の様子が明らかになった。

 タクシー運転手らによると、清水さん母娘は20日午後3時30分ごろ、JR御殿場駅で乗車。同50分ごろに霊園手前で母親(84)のトイレ休憩も兼ねて一度下車。清水さんは父の墓前に備える花と線香を買い、介護の必要な母の排便を献身的に世話していたという。トイレ休憩は約30分かかり、「お母さん、たくさん出てよかったね」などと優しく声をかけていたという。

 残された状況は覚悟の自殺を物語る。しかし、運転手に「帰りはどうしますか?」と聞かれ「霊園で待っていてください」と一度は往復の乗車の意思を伝えており、当初は自殺をためらっていたとも受け取れる。ところが、同4時25分ごろ、墓地で下車する際、「時間がかかりそう。やはり精算してください」とキャンセル。死亡推定時刻は下車後約30分。父の墓前に着くとすぐに自ら命を絶ったと思われる。

 運転手に代わり取材に応じたタクシー会社の社員によると、清水さんは、テレビで見るイメージそのままの明るい表情だったという。

 デビューした1977年から2006年3月まで在籍した芸能事務所「芸映」でマネジャーを務めた富士原氏によると、最近になって、妹の良子さん(42)に、「仕事を辞める」と話していたという。糖尿病と腎臓を患い、目もほとんど見えなくなっていた母を支えるためのパートだったが、これも覚悟の表れだったのだろうか。

 清水さんの遺体のそばには、A4ノートを破った“遺書”があり、「消防に通報して」「ガス発生」など、最期の瞬間まで周囲を気遣う文字がつづられていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090423-00000001-dal-ent



ニンテンドーDSiの全て
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。