ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規格外の野菜 5年ぶり出荷も
ある意味、当然のこと。

誰が何のために作った「規格」なのか考え直す時期なのかも。

実際、自分の家でキュウリなんか作ってると、曲がったのばっかりだよ?

それを考えると、スーパーの真っ直ぐのキュウリは不自然。

ま、プロの仕事と言ってしまえばそれまでなんだけど。

後は、消費者として真っ直ぐでも、曲がっていても、不格好でも「当然」として買う、と言う心理を持つこと。

規格外が普通に流通するためには、消費者の意識改革も必要。




 農水省は12日、「曲がったキュウリ」「ヒビが入ったキャベツ」など、通常は「規格外」として処分される野菜の出荷を生産者に求める方向で検討に入った。長雨や日照不足で値上がりが続く野菜の価格安定のため、全国農業協同組合連合会(JA全農)や流通関係者とも調整して品薄感の解消を図る。実行されれば、台風の被害が相次いで市況が平年の5~6倍に高騰した2004年10月以来、5年ぶりとなる。

 東京都卸売市場の平均取引価格(10日現在)はジャガイモ、タマネギ、大根が平年の1.7~2.4倍と、依然として高値。さらに、レタスも月初に比べ約100円高の1キロ当たり235円など比較的、安かった品目も上がってきた。

 そのため農水省は11日、出荷の前倒しをJA全農に要請。例えば、「LL」サイズでの販売を想定したレタスを「L」サイズの生育段階で市場に送るなどの方法で、当面の供給量確保を目指す。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090812-00000076-jij-pol



ニンテンドーDSiの全て
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。