ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

架空物件 エイブルに排除命令
不動産屋の前に並んだ、好条件の賃貸物件広告。

駅近で新築、家賃も手頃と3拍子揃った物件を目当てにそのまま不動産屋に駆け込むと、

「あ~、その物件はもう埋まっちゃったんですよ」

とのニアミスを告知され、仕方なく条件に近い物件を店員さんと探し始めます。

不動産屋の広告と言うのは、そもそも都市伝説のようなもので、好条件物件が客寄せ用の架空物件である場合がかなり多いです。

「あ~、その物件はもう埋まっちゃったんですよ」

の殺し文句があるから、違反行為として明るみに出なかっただけで引越しを繰り返している人にとっては常識です。


しかし、とうとうマンション賃貸大手のエイブルが、架空物件広告に対して景品表示法違反にあたるとして、公正取引委員会から排除命令を受けました。

ここ数日間だけ色んな不動産屋の店先に注目してください。
きっと、ほとんどの広告が姿を消しますから。(^_^;)

その消えた数が、そのまま架空物件ですよ~。





 マンション賃貸大手のエイブル(東京)が、存在しない部屋や賃貸中の部屋の広告を出したり、実際と異なる建築年をうたったりしたのは、景品表示法違反(優良誤認など)に当たるとして、公正取引委員会は18日、再発防止を求める排除命令を出した。

 公取委によると、エイブルは2006年から07年にかけ、自社のウェブサイトや、ウェブ上の賃貸住宅検索システム「CHINTAI NET」などに、マンションやアパートの広告を掲載。公取委が同社の全国約800店のうち13店の広告を調べたところ、東京、埼玉、福岡の各都県の9店で18件の不当表示が見つかった。

 中には、駅までの距離が26分なのに「16分」と表示したものや、1979年に建てられたのに「築年 96年」としたケースがあった。また、実際には存在しない部屋や、賃貸済みの部屋の広告を掲載していた。賃貸後最長で4年7カ月間、削除しないままだった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080618-00000071-jij-soci

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。