ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルの未知の部族を空撮?
毎年、何千もの新種の昆虫が発見されているのを皆さんご存知ですか?

一日あたり10匹くらいは新種が見つかっている計算ですね。

日本ほど開発の進んだ国では難しいでしょうが、アジア圏でもベトナムやインドネシアとかならまだいっぱいいそうですね。

一度は自分で見つけた新種の昆虫に、自分の名前を付けてみたい夢は持っているのですが、
それほど行動的になれないのも悲しい大人ですね。


さて、昆虫なら毎年何千の新種がまだまだ見つかるという話をしました。

でも、\"新しい人間\"なんて中々見つかるものじゃない。
これほど世界中くまなく、文明を持った多くの人間が処狭し、コレでもかと、ズガズガ入り込んでいますからね。

しかし見つかるもんですね。


ペルー国境に近いブラジル北部アクレ州で、未知の部族が発見されたそうなのです。

飛行機での上空からの空撮だったらしいのですが、その部族は、飛行機に弓矢で攻撃しようとしていたそう。

つまり、飛行機を知らない。
飛行機を知らないという事は、文明を知らない。
文明を知らないという事は、部族以外の人間を知らない。


確かに世界には、文明と接触を持たない部族が100を超える数で存在するとは言います。

接触しても、お互いにとって良い事なさそうですから、未来永劫そっとしておいた方がいいと思いますよ。


しかしまぁ、宇宙に旅立とうとしている人間が、地球の事すらをまだよく分かっていないなんて。

宇宙を語るのは時期尚早なのでしょうか?(^_^;)


 ペルー国境に近いアマゾン川流域のブラジル北部アクレ州で今月、未知の部族とみられる人々の姿が空撮された。上空を通過する航空機に、弓矢のような武器で攻撃しようとしているように見える。

 ブラジルの先住民保護に関する政府組織「FUNAI」が提供した。

 ロイター通信によると、世界には文明との接触を持たない部族が100以上あるとされる。森林地域で進む違法伐採のため、住居を追われる先住民も増えているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080531-00000035-mai-int


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。