ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉の焼肉店で生食用使わず
FX初心者の主婦の日記

もりもと焼肉店というお店が兵庫県にあるのですが、そこの生レバーが絶品。

元々、牛の内臓を生で食べられるわけがないと、頑なにレバ刺しを食する事を拒み続けた人生でしたが、数年前に関西の友人に半ば無理やり連れられ「もりもと」で、人生初の生レバーを食べたんです。


絶品。


食わず嫌いとはこういう事かとその友人に握手を求めたくらいです。

しかしその後、他店のレバ刺しを食べると、吐き気がします。

絶対的に美味しいものを食べると、その\"本物\"以外は体が受け付けないようです。

つまり、レバ刺しが好きになったのではなくて「もりもと」のレバ刺しが大好きなだけだったんですね。


埼玉県の焼肉店の8割が「生食用」ではないレバ刺しを提供しているそうです。

「生食用」は鮮度を基準にしているわけではなく、定めた体制で管理されている肉を「生食用」と言うそうなんですね。

さて、埼玉県だけの話でしょうか?

私が「もりもと」以外のレバ刺しを食べられない理由はこの辺にあるとみているんですが、見当違いでしょうか?





 レバ刺しやユッケなど肉の生食は根強い人気があるが、生食肉の料理を提供している埼玉県内の焼き肉店や居酒屋計137店舗のうち83%にあたる114店舗が、「生食用」の表示がない食肉を材料に使っていたことが同県の6月の調査で分かった。

 肉の生食などが原因で発生するカンピロバクター食中毒は昨年、全国で416件(約2400人)に上り、最も多い。厚生労働省は警戒を呼びかけている。

 「生食用」の肉は鮮度を基準にしていると思われがちだが、厚労省の通知では(1)食肉処理場でほかの内臓と処理を分ける(2)作業員の手指を消毒する-など特別に管理した食肉を「生食用」と表示できる。県は「生肉を提供する店は増えているが、鮮魚を扱う感覚で、当日、処理された新鮮な肉なら大丈夫と思ったようだ」とみている。

 東京都健康安全研究センターの甲斐明美参事は「病原性大腸菌O157やBSE(牛海綿状脳症)が社会問題化した時と比べ、生肉を食べるのに抵抗感が薄れているのではないか。いくら新鮮でも『生食用』の表示がない肉は感染リスクがあるという認識を店側も持つべきだ」と警告する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080707-00000091-san-soci

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。