ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7割「渋滞倍でもガソリン安く」
6月1日から多くのガゾリンスタンドにてレギュラーガソリンが170円代を突破してしまい、いよいよおかしい事態になってきました。

年内にも200円を超える可能性すら噂される中、消費者がガゾリン代への意識調査をまとめたアンケートの結果が入ってきました。

特に印象的なのが、「渋滞」と「ガソリン代値下げ」の二択。


【ガソリン価格が現在の約半額(レギュラー約80円)になるが、交通渋滞が倍増】

⇒ 70%


【ガソリン価格が現在より倍増(レギュラー約300円)するが、交通渋滞がなくなる】

⇒ 30%


渋滞につかまると、燃費が極端に悪くなって、結果的にそれほど安くなる訳ではないのですが、このアンケート結果から見えるものは、ガソリン代高騰への嫌悪感を表しているのでしょう。

首都圏ならば、行楽シーズンに自家用車以外の乗り物を選択する事も容易ですが、地方ともなると、車以外の選択肢が存在しない地域も決して少なくないですから、結果として、必ず買わなければいけないもの。

米とかと同じ位置づけなんですね。


しかしそんな国民の意識とは裏腹に、どんどん加算されていくガソリン表示。

もちろん他の物価も急上昇。

後ろ向きな発言はしたくないのですが、ここまでくると言わざるを得ない、何十年生きてきた中での初の言葉。


「お先真っ暗」(>_<)



 ガソリン価格の高騰が続く中で、中古車TVオークションを運営するオークネット(東京都千代田区)はこのほど、「行楽シーズンの渋滞に関するアンケート」を実施。「渋滞は倍増しても、ガソリン価格は半額になってほしい」と考える人が70%を超え、消費者にとって、渋滞よりもガソリン価格が大問題であることを改めて浮き彫りにした。

 調査は今年3月28日~4月30日、インターネットを通じて懸賞付きで実施し、30代を中心に1491人の有効回答を得た。

 行楽シーズンは例年、各地で道路渋滞が予想されるが、それでも「車で出かける予定」「すでに出かけた」と回答したのは合わせて55.0%。「移動に便利だから」「ドライブを楽しみたい」といった理由が目立った。

 「渋滞」と「高いガソリン」のどちらを選ぶかについては、「ガソリン価格が現在の約半額(レギュラー約80円)になるが、交通渋滞が倍増」した方がましだと答えた人が70%。「ガソリン価格が現在より倍増(レギュラー約300円)するが、交通渋滞がなくなる」場合の30%に比べ大きくリードする結果となった。もっとも、渋滞がひどいと燃費も悪くなり、ガソリン代はさほど安くはならない。それでも「渋滞」を選ばざるを得ないほど、消費者にとってガソリン価格の高騰は切実といえそうだ。

 一方、高速道路については、「高額だけど渋滞がない高速道路」を選ぶ人が77.5%、「無料だけど渋滞がひどい高速道路」が22.5%となり、8割近くがお金を出してでもスイスイ走れることを重視していることがわかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080601-00000015-maiall-bus_all


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。