ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<河野澄子さん死去>「14年間家族のために生きてくれた」
松本サリン事件に対する多くの人の印象は、おそらく"過去の事件"でしょう。

もしかしたら、"松本"と冠がつくサリン事件の事を知らない世代もいるかもしれません。


地下鉄サリン事件の"試し撃ち"とも称される松本サリン事件は、狭い範囲で重大な被害者を出しました。

それが、河野澄子さん。

事もあろうに事件発生当初は、第一通報者であり、澄子さんの夫である河野義行さんが容疑者として多くのメディアで取り上げられました。

後にオウム真理教の犯行だと判明し、冤罪こそ逃れたものの、植物状態となってしまった澄子さんの容態はあれから14年、明確な改善には至りませんでした。

そして、8月5日、澄子さんは帰らぬ人となりました。


義行さんは、以前、松本サリン事件に対して、こう述べています。

「私にとっての松本サリン事件が終わる時は、妻の容態が回復した時か、死んだ時」

できれば前者であってほしかった結末。

それでも、義行さんの長い戦いが今終わった事に対して、純粋な気持ちで、「お疲れ様」とお伝えしたいです。



松本サリン事件被害者の河野義行さん(58)の妻澄子さん(60)が5日、亡くなりました。

事件発生から14年。

澄子さんは事件の後遺症で意識が戻らないままでしたが、容疑者扱いを受ける苦難を乗り越えてきた河野さんは

「家族のために生きてくれた」

との談話を公表しました。

オウム真理教事件の被害者らからも冥福を祈る声が相次いだとの事。


<河野澄子さん死去>「14年間家族のために生きてくれた」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080805-00000038-mai-soci
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。