ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せんとくん対抗、まんとくん
計算どおりなら、プロの仕事と評価できる「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラ、せんとくん。

賛否両論を全国に巻き起こしてすさまじい宣伝効果を放ちましたね。


そして今日、賛否の否の意見の集合体となったのか、デザイナーと自治体の独断で決めたせんとくんに対抗してインターネット投票と、街頭投票で決めたキャラクターがお披露目となりました。


その名も「まんとくん」。


「まんとくん」の名前ありきのデザインだなと率直に思いました。

\"せん\"を超える数字の\"まん\"を使う粋は光るんですが、せんとの兄貴のアクの強さには敵わないかも。

これで収入源になりそうなキャラが2匹(2人?)揃って奈良が潤えば、\"せん\"も\"まん\"も、愛され続けるでしょう。


でも、着ぐるみの\"せんとくん\"は子供受け悪そうね。(^_^;)


 2010年に奈良で行う「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターとして、「せんとくん」に対抗する新キャラを募集していた「クリエイターズ会議大和」は6月2日、ネット投票などで選んだ新キャラ「まんとくん」を、Webサイトで発表した。

 鹿のキャラクターが、朱雀門を模した帽子をかぶり、白いマントを着けたデザイン。白いマントには「1300年という節目、新たな気持ちで次代へ」という意味を込めており、四季折々、奈良の都にちなんだ模様のマントをはおっていく予定だ。

 「まんとくん」という名前は、採用決定後に、クリエイターズ会議・大和と作者が共同で決めた。漢字は「万人くん」で、万人に愛されて大きく育つよう祈りを込めて名付けたという。「万葉集」の万人、都に満ちる「満都」もかけた。

 まんとくんは、Web投票で1位だったが、街頭投票では別の鹿のキャラクターが1位。5月31日に奈良市内で開いた最終選考会で決戦投票をしたところ、全員がまんとくんを選んだという。

 作者は、埼玉県のクロガネジンザさん。「末永く愛していただけたら幸いです。個人的には、着ぐるみ同士でせんとくん兄貴とのツーショットが早く見てみたいです♪」とコメントしている。

 せんとくんは、平城遷都1300年祭記念事業協会が選んだ1300年祭の公式キャラクターだが、「かわいくない」といった批判が続出。奈良在住のクリエーターで構成する「クリエイターズ会議大和」が、代替キャラクターを自主的に募集していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080602-00000067-zdn_n-sci


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。