ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田連覇の金 伊調千春は銀
女子レスリングの吉田沙保里選手、完全勝利の金メダルです。

強かった!

特に決勝戦は、地元中国の選手との対戦でしたが、その安定感から、安心して試合を観ていられました。

だいたいにして、吉田選手の実績が尋常ではありません。

2001年から、公式戦119連勝や、国際大会でも1996年から27大会連続優勝。

脱帽するしかない実績です。

それだけに、今年1月にアメリカの選手に判定負けした時には、かえって心配したものですが、五輪においても、2大会連続の金メダルとなり、やはり、国際大会の実績は伊達ではなかったという事です。

4年もの長い間、コンディションを保ち、成長するという事だけでも並大抵の努力ではもたないはずなのに、日本人に、安心感すら与えられる試合を演じられるのは、彼女が55キロ級で、紛れも無く世界最強、いや、同階級史上の最強選手であるという証拠でしょうね。


本人は、試合後のインタビューで、今年一月の敗戦にはショックを受けて、ここまでの半年間を苦しんだと言っていました。

その苦しみを最高の結果で払拭できる吉田選手を人間として尊敬できます。

そして、吉田選手は、こうも言っています。

「マラソンの野口みずき選手が出場できないと聞きましたので、彼女の分も頑張ろうと思った」

レスリング代表だけでなく、日本の代表である自覚を感じられる言葉ですね。




 北京五輪第9日の16日、レスリング女子55キロ級の吉田沙保里(綜合警備保障)は決勝で許莉(中国)を降し、2大会連続の金メダルを獲得した。

 ▽吉田沙保里の話 1月に連勝がストップ(119連勝)してから半年間苦しい思いをしてきたので、この五輪で借りを返そうと思っていた。伊調さんが負け、同じ三重県出身の(女子マラソンの)野口みずきさんは五輪に出られなかったので、金メダルをとりたかった。次のロンドン五輪で3連覇を狙いたい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080816-00000077-mai-spo

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。