ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪木 審判けったマトスに興味
あらゆるスポーツにおいて、審判の立場は絶対です。

例外的に、日本のプロ野球は、そうでもないような気もしますが、あくまで世界的には審判の立場は絶対です。


しかし、審判だって人間ですから、審判全員が精密機械のような判定をするわけでもなく、人による癖や、単純な上手い下手も存在しますよね。

それでも、審判は絶対的存在ですから、サッカーの試合などを観ていると分かるように、

「あいつはイエローカードだ!」

「オレはイエローカードじゃない!」

こんな激しい抗議こそしても、手を出す事なんてどんなことがあってもしません。

一度でも手を出そうものなら、最悪の場合、選手資格の剥奪すら有り得ますからね。


しかし、このタブーを破ってでも、つまり、その競技の選手生命を絶たれても、審判を蹴っ飛ばすまで怒りが収まらなかった選手が、北京五輪で一躍話題になりました。

キューバテコンドー代表のアンヘル・マトス選手です。

マトス選手は、判定を不服として、審判にかかと落としを決めた、ツワモノ。

この一件で、マトス選手はテコンドー界から永久追放されてしまいました。


しかし、捨てる神あれば、拾う神あり!?

なんと、アントニオ猪木さんが、マトス選手に目をつけ、自身が主催するIGFに呼ぶ可能性を示唆しました。

日本人がメダル獲得に注目する中、一人かかと落としに注目していた猪木さん。

猪木さんもマトス選手に並んで、只者じゃない。





 猪木があの五輪選手を勧誘? IGF(イノキ・ゲノム・フェデレーション)代表のアントニオ猪木氏が北京五輪で審判に蹴りを入れ永久追放となったキューバ人テコンドー選手の獲得に興味を示した。26日、猪木は囲み取材の中で「あのキューバの蹴りを入れたヤツとかおもしろいな。何キロだ? メダルを獲ったヤツはあまりおもしろくないから、トラブったヤツだけ呼ぼうかな。ムフフ」と、メダリストそっちのけで男子テコンドー80キロ以上級3位決定戦で判定を不服として審判にかかと落としを決めたアンヘル・マトスに注目。この一件でテコンドー界から永久資格停止処分となったマトスに救いの手を差し伸べた。

 マトスは失格ながら3位決定戦まで進出しており格闘技の実力は証明済み。猪木は過去に元野球キューバ代表の4番リナレスを日本に招へいするなど、キューバのスポーツ界とパイプを持っているだけに“反則あり”のプロレスでIGF電撃参戦もある?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080826-00000010-spnavi-fight

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。