ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望まないのに仕事優先の現実
「プライベートよりも仕事優先を望む人」は、2%。

「実質仕事優先になっている人」は48.6%。

特に驚愕するわけでもない、日本人サラリーマン達の悲しい常識です。


ただ、質問の内容も悪いですよね。

「プライベートよりも仕事優先を望むか?」

って聞かれて、「仕事を優先する」って答える訳がないじゃないですか。

でも実際は、仕方なくだったり、会社への貢献心だったり、責任感だったりで、仕事を優先するわけで。

何でもかんでも、会社が無理強いしているように感じさせるのは良くないですね。


たとえば、仕事優先を望まない98%の人達が、自分の思い通りに、プラベートを優先したら、多分、多くの会社が成り立たないでしょう。

時には個を押し殺して、会社に貢献し、給料を貰い、結果的に家庭に貢献していると思います。


この調査結果を真に受けた内閣府が、

「企業トップや役員への働き掛けを強化したい」

と言っていますが、働きたくない意思を尊重させるって事は、会社の成長を低下させる事と同義なのですが、その辺は理解しているのでしょうか?





 内閣府は2日、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)に関する意識調査結果を公表した。「仕事優先」を望む人は2.0%しかいないのに、現実は半数近くの48.6%が仕事優先になっているとの実態が分かった。内閣府は「企業トップや役員への働き掛けを強化したい」としている。

 調査は8月1-3日にインターネット上で行い、60歳未満の成人男女計2500人が回答した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080902-00000102-jij-pol

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。