ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7病院が拒否、術後に妊婦死亡
総合周産期母子医療センターが、ハイリスクのお産を受け入れなかったら、どこが受け入れるんだ?!

妊婦は病気にもなれないのか?

その内、いつお産が始まるかも分からない自然分娩はお断り。なんてことになるんじゃ?


とはいえ、産婦人科医の激務は周知のこと。
今いる医師に「もっと仕事しろ」なんて事は言えない。

国もやっと、医者を増やすなんていってるけど、今入学した学生が何とか一人前になるのは10年後。

明らかに、国の失策だよなぁ。

少子高齢化、なんて言いながら子供を産み育てにくい国にしてしまった。

財布を締めるところと緩めるところを間違ってませんかね?




 妊娠中に脳内出血を起こした東京都内の36歳の女性が今月4日夜、都立墨東病院(墨田区)など七つの病院に受け入れを断られ、約1時間20分後、最終的に墨東病院に搬送された後、手術を受けたものの、3日後に死亡していたことが分かった。墨東病院はリスクの高い妊婦に対応する都内9カ所の「総合周産期母子医療センター」に指定されているが、産科医不足のため休日の当直医が1人体制となり、救急患者の受け入れを制限していた。都は一連の経緯に問題がなかったか調査している。

 都立病院を運営する東京都病院経営本部などによると、女性は4日午後7時ごろ、体調不良を訴えて江東区のかかりつけの産婦人科医院に救急車で運ばれた。脳内出血の疑いがあったため、医院の医師が墨東病院に受け入れを要請したが、「土曜日のために当直産科医が1人しかおらず、ハイリスク分べんへの対応が難しい」などの理由で断られた。

 医師はその後、墨東病院に紹介された病院など六つの病院に受け入れを求めたが、いずれも新生児集中治療室(NICU)が満床などの理由で断られたという。

 同7時45分ごろ、医師が再び墨東病院に連絡を入れたところ、病院側は状況が悪化したと判断し、当直以外の産科医1人を呼び出して同8時20分ごろ女性を受け入れた。同10時過ぎから脳の手術と帝王切開を行い胎児は無事生まれたが、女性は7日になって脳内出血のため死亡した。

 墨東病院の林久美子事務局長は「産科医不足で土日の受け入れができず、あらかじめ周囲の病院に協力を求めていた。現状で最善の措置を採ったと考えている」と説明。受け入れが遅れたことと死亡との因果関係について病院経営本部は「何とも言えない」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081022-00000010-maip-soci

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

今回の被害者も10ヶ月前にセックスしなきゃ死なずにすんだのにね・・・
| URL | 2008/10/22/Wed 19:54[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。