ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手柄男性を「盗撮犯」と発表
盗撮に悪用できる携帯電話のカメラ機能や、小型カメラなどが増えてきて、ごく一般的な電気店でも購入する事ができます。

本来の用途は違うと言っても、悪用する輩が寄り付いてくるのは世の常。

インターネットの普及も相成って、ちょっと探せば、素人が盗撮した動画が平気でインターネット上に転がっているものです。

盗撮動画への需要がある事自体考えものですが、どちらにしろ、盗撮した本人が一番悪いです。


10月31日、この手の恥かしい犯罪者を千葉県の一般人が捕まえてくれました。

犯人はビルのエスカレーターで女子高生のスカートの中を盗撮しようとしたところを犯人の後ろにいた男性に取り押さえられたそうです。


拍手喝さいもののお手柄ですが、この快挙に水を差す、どころか泥水をぶっ掛けるように、

千葉県警松戸署は、この事件の報道発表で、事もあろうに、お手柄男性の名前を犯人として発表したそうです。

発表された内容は、名前と住所、職業、年齢。
イージーミスの一言では片付けられない失態。

発表された内容が、テレビなどのメディアで報道される事は無かった為、お手柄男性への実害は無かったそうですが、だから良かったって話じゃないですよね。


取り違えた原因は、発表する内容をPCで打ち込む際、参照していたメモの内容を取り違えたのが原因だとか。

・・・ダブルチェックは常識ですよ。





 千葉県警松戸署は31日、盗撮犯を取り押さえた同市の男性会社員(32)の名前と住所、職業、年齢を、一時容疑者のものとして報道発表したことを明らかにした。同署は「メモを発表文におこす際に生じた単純ミス。男性会社員におわびしたい」と話している。県警によると、会社員の名前が容疑者として報道されるといった事例は確認されていない。

 同署によると、同署生活安全課の担当者が、事件事故を報道機関に発表する「報道連絡」をパソコンで打つ際、参照していたメモの内容を取り違えたのが原因。最初の報道発表は午前11時すぎで、約1時間40分後にミスに気付き、訂正文を流した。

 調べでは、盗撮事件は31日午前8時ごろ、松戸市日暮の新京成電鉄八柱駅ビルで発生。ビルのエスカレーターで県立高校3年の女子生徒(18)のスカート内をカメラ付き携帯電話で盗撮したとして、県迷惑防止条例違反の現行犯で、松戸市常盤平柳町の会社員、前田秀之容疑者(39)が逮捕された。

 前田容疑者の後ろにいた男性会社員が犯行に気付いて取り押さえ、駆けつけた署員に引き渡した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081031-00000558-san-soci

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。