ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルト違反 一般道は時期尚早
6月1日から後部座席のシートベルト着用が義務化されましたけど、大きな混乱は聞かないですね。

タクシーだとか、バスの運転手さんは気苦労が多いだろうけど。


ちなみに、思うことなんですけど、シートベルトの着用はあくまで乗車している人間の安全を守るものですよね?

歩行者などの交通事故被害を食い止める施策ってないんでしょうか?

個人的には、乗用車の最高速度が、100キロも150キロも出せる仕様になっている時点で矛盾しているな、変だなと思っています。

車製造会社側が、法定速度を逸脱したスピードを出せる車を作り続ける理由ってなんなんだろう?

この際、60キロ程度までしか出せない車を作れば、交通事故ってかなり減ると思うんですけどね。

そりゃ、60キロでぶつかられたって、命を失うことには変わりないでしょうが、ぶつかる前に回避できる可能性も高いでしょう。


無知な私に、150キロも出せる車がどんどん作られる理由を教えてください。


 着用が義務化された後部座席のシートベルトに関し、警察庁の吉村博人長官は5日の記者会見で、一般道での違反者にも行政処分を科すべきかを問われ、「すぐには時期尚早だと思う。着用がどれぐらい高まってくるか推移を見ながら考える」と述べ、当面は広報・啓発に重点を置く考えを示した。

 後部席のベルト着用は、1日に施行された改正道交法で義務化された。高速道での違反は運転者に行政処分1点を科すが、一般道は摘発対象となっていない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080605-00000107-jij-soci


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。