ニュースについて思うこと

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の出先3万5千人削減を勧告
いつから、勧告してるんだ?かなり前から、こういう議論があるけど結局、民営化しても公務員は新会社に横滑り。

見た目で削減したようには見えるけどね。

郵政でも民営化になってどこがどう変わったんだかよく見えない。

ま、この3万5千人がそのまま削減されたとして、その人達はどこへ行くの?

再就職先が決まった上での削減?看板の掛け替えじゃなくて?

これだけの不景気で民間にはなかなか就職出来ないだろうに。普通でも難しいのに。




 政府の地方分権改革推進委員会(委員長・丹羽宇一郎伊藤忠商事会長)は8日、国の出先機関の見直し案などをまとめた第2次勧告を決定した。地方への権限移譲などで業務を縮小し、出先機関の職員を3万5000人程度削減すべきだと提言。現行の9機関は統合などで廃止し、うち国土交通省地方整備局など6機関は、企画・立案部門を「地方振興局(仮称)」に、直轄公共事業の実施部門を「地方工務局(同)」にそれぞれ統合するとした。3年程度の準備期間を設けて実行に移すよう求めた。

 丹羽委員長は同日夕、首相官邸で麻生太郎首相に第2次勧告を提出した。

 政府は勧告を受け、2008年度中に出先機関改革の工程表となる計画を策定する。ただ、各府省や族議員が改革に抵抗しており、調整は難航必至。また、統廃合後も多くの出先機能は依然残るため、大幅な権限移譲で国と地方の二重行政廃止を求める地方側にも不満が残りそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081208-00000096-jij-pol

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日思うこと. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。